気を遣われたくない禿

気を遣われたくない禿

私は地方会社員、20代後半の男です。

私が薄毛に悩み始めたのは大学2年のころ、そして育毛剤を使いはじめたのはつい最近のことです。

大学生の頃より異常に毛が抜ける日々が続き、またかゆみも伴っていたため悩み始めたのですが、とはいえまだまだ笑い話程度で自分から薄毛をネタにしていたりしました。周囲の友達はそんな私を受け入れおもしろおかしくいじってくれたり、時折、「いや、実際全然わかんないよ?お前もネタで言ってるだけで本当は気にしてないんでしょ?」とフォローしてくれたりもしていました。そんな環境に甘え私は頭皮を放置していたのですが…。

社会人になって彼女が出来、半同棲を始めた頃の事です。私がお風呂から出て洗面所でドライヤーで髪を乾かしている時に彼女が入ってきたので、髪をなびかせながら「いやーまじで髪すっかすかだわーやばいなこれー」と笑いながら言うと、彼女は驚いたような表情を一瞬うかべた後、私の頭皮をよくよく眺めつつ「私べつに気にしないよ!全然大丈夫だよ!」と言ったんです。優しいフォロー…なのですが、大学生の頃友達がしてくれたフォローとは何か質が違う…ハゲということが決定事項になっている!!
私は気づきました。そしてその後も執拗に「大丈夫だよ」と言ってくる彼女の残酷なまでの優しさに泣きました。そして、育毛剤を買う決意をしました。

「育毛剤 おすすめ」で検索上位に出てきたサイトにあったアロエ育毛液という育毛剤を使用しています。まだ使用してから2か月あまりなので実感はありませんが、変なべた付きなどがなく使い心地もいいのでとても気に入っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です